お見合いで運命の人に出会いました

現在、仕事の環境変化に合わせて脱毛しようとする男性が増えています。一定の脱毛効果を求めれば決して安くはない支出を強いられますが、顔のヒゲだけでなく、胸やすねの体毛を脱毛しようという男性も少なくないのです。「男が脱毛するのはへんだ」という考え方は古いのです。わたしは30代前半の男性です。もともと一人でいる事が好きで、休日は一人でカフェに行ったり、読書したりして過ごしていました。

女性の視線を意識して、アゴの青ひげや、脚のすね毛を気にする男性の美容意識の高まりが、メンズ脱毛の急成長の背景です。こうした男性の脱毛需要にこたえて、現在、新しいレーザー脱毛器「メディオスター」が登場しています。

メディオスターは、従来とくらべて痛みが少ない、新型の医療用レーザー脱毛機器です。従来の医療用レーザー脱毛器は、皮膚の深い位置にある毛根を破壊するため、レーザーが皮膚の深いところまで照射されます。

そのため、利用者から「涙が出るほど痛い」と言われてきました。新型のメディオスター脱毛器は、皮膚の浅い位置にあって毛に栄養を与えるとされる「バルジ」と呼ばれる部位を破壊するため、レーザーの深度が浅いので、痛みが少ないのです。

私は大学生の頃、長年付き合っていた彼女に二股されていた事があり、その頃から女性不振になっていました。

気づくと30歳になり、心配した両親がお見合いを勧めてきました。
福岡市内でおこなわれている婚活パーティーや結婚相談所にいくのも嫌だし。。。

相手の女性は、父親の知り合いの娘さんで、どうしてもと言われ、断ることが出来ず、お見合いをすることになりました。

相手の女性の年齢は31歳で、写真で拝見する限りでは美人でしたが、少し気の強そうな感じでちょっと苦手な感じでした。

でも少しでも小綺麗になってお見合いに備えようとメディオスター脱毛に挑戦しました。このメディオスターのヒゲ脱毛は1回当たり1万2000円と設定する、男性専門のエステサロンがあり、従来のレーザー脱毛より約30%割高になっています。また、このエステサロンでは「メディオスターで4年間何回施術しても9万9800円」というお得なプランも設けています。

お見合い当日、相手の女性と会ってみると、写真で見るよりもかわいらしい感じで、とても雰囲気のいい優しい人でした。

当時は、彼女いない歴7年くらいだったので、会話もたどたどしく、途切れる事も多かったですが、相手の女性は笑顔で話しかけてくれました。

その日はお互いに連絡先を交換し、後日デートの約束をしました。

デートは彼女の希望で海遊館に行き、夜は居酒屋で食事する事にしました。(おしゃれなお店は苦手とのことでした。)

居酒屋さんでは、お酒も入った事もあり、長年付き合っていた彼女に二股を掛けられていた事、女性不振であることも打ち明けました。

彼女のほうも同じような経験をしているので、気持ちはわかると言って涙を流してくれました。

とても心優しい人で、少しずつですが距離が縮まって2年後に結婚する事になりました。

今では、幸せな家庭を築いています。

|マッサージのリアル口コミ.com|健康マニアによる無病ライフ|クレジットカードの即日発行じゃけん|超SEO対策|SEOアクセスアップ相互リンク集|内職 アルバイト|貯蓄|心の童話|JALカード|童話|